専門学校の大学併修って?

専門学校の大学併修とは、一体なんのことなのでしょうか。当サイトではこのような疑問を抱いている人のため、大学併修のしくみをわかりやすく解説させていただきますが、まずはこの大学併修とは?という一番基本的なことを押さえておきましょう。

大学併修とは、専門学校と大学・短大の通信教育課程に同時入学し、専門学校と大学・短大を同時に卒業することを目指す制度のことをいいます。併修制度を取り入れている専門学校は全国に数多く存在しており、ビジネス、理美容、アート、エンタメ、調理、公務員、会計・経理、情報・コンピュータ、自動車、旅行・ホテルなど、多種多様な分野のコースを用意している専門学校が併修制度を導入しています。併修制度を導入していないところを含めた全専門学校中の割合としてはまだまだ低いですが、今後も増加してくることが予想されています。

なかには専門学校と大学・短大のどちらの正規学生となるのか、この点が気になる人もいるでしょう。併修制度を利用する形で入学した場合には、専門学校と大学・短大の両方の正規学生として、学生生活を送ることが可能です。

メリットに関しては別のページでくわしく説明しますが、併修制度によって大学・短大卒であることが受験資格として定められている資格試験にチャレンジすることが可能なことがまず一つ。そして、専門学校の校舎、設備・施設だけでなく大学・短大のキャンパス、設備・施設を利用することも可能な点も、魅力の一つといえるでしょう。