学びに関する強み

専門学校の大学併修制度を利用することによって、学びに関するメリットを得ることが可能です。まず、専門学校では仕事に直結する専門的な知識・技能を身に付けることができます。選択したコースに応じた資格を取得することも可能です。さらに、大学・短大に通っているということで、専門学校ではカバーできない幅広い知識の習得が可能です。最終的には大学・短大卒という正式な学歴が認められることになります。

また、これは短大と専門学校の併修のケースですが、短大卒の資格を取得で終わりにするのではなく、大学への編入学という道を選択することも可能です。専門学校と短大の併修を進めていくなかで、なにかより突き詰めて学びたい分野が出てきたという場合に、受験可能な大学の選択肢は豊富にあり、編入学した際の既習得単位認定を受けることも可能です。

そのほか、2年間や4年間の学生生活を送るなかで、専門学校と大学・短大の両方の学生生活を送ることが可能です。両方の学校での学びを通して両方の学校での人間関係を構築することが可能です。ある特定の分野に特化した人との出会いはものの見方が偏ってしまうこともありますが、大学・短大にも同時に入学することにより、自分とはまるで違う分野の人と出会う機会もあり、幅広いものの見方ができるようにもなるでしょう。