仕事に関する強み

短期大学や4年制大学と専門学校の併修は、就職の面でも強みがあります。専門学校はたとえば公務員試験突破と官公庁での採用を目指すコースを選択した場合、ほとんど目的を果たすために必要なことを学習し、仕事に就くことがゴールです。調理のコースでは、調理師の国家資格を取得することが最終目標です。専門学校ではいわゆる手に職をつけることが可能であり、就職に強いといわれている理由はこのためです。

それにプラス大学や短大の卒業資格が取得できるという点で、専門学校で学んだ分野以外の道に進む選択肢も発生します。求人の条件が短大卒以上や大学卒以上と設定されている企業に応募することもできます。併修自体、自分を高めようという意識が高い、努力することができるというプラスの評価につながり、書類選考や面接で有利になることもあります。

また、世の中に存在する資格のなかには、大学を出ていなければ受験することが不可能なものもあります。そしてこのことはその資格と関連のある仕事には無資格では就けないということを意味しています。併修制度によって大卒資格を取得することで、大卒が受験資格となっているような資格に挑戦することが可能となり、合格すればその資格と関連のある仕事に就くチャンスを獲得することが可能です。